【ストレスが限界】どうしてもご飯を作りたくない時は休むべき理由!

本記事のリンクには広告が含まれています。

もう夕方、そろそろご飯を準備しないと。

でも、作る気力が湧かない。

献立も考えたくないし、買い物にも行きたくない。もう何もしたくない。

そんな日は迷わず、ごはん作りを休むべきです。

自分の気持ちに嘘を付いて頑張り続けてしまうと、限界が来てメンタルを崩してしまうことも。

実際に何十年も無理をした結果、病気になってしまう主婦もいるよ。

この記事ではご飯を作りたくない時は休むべき理由とその対処法についてご紹介します。

今日の夕飯を罪悪感なくサボるためにもぜひこの記事を最後まで読んでください。

この記事を書いた人
めしらく
  • 30代、2児のパパ
  • テレワークをきっかけに料理を担当
  • 料理は嫌い、苦手

休日に頑張る必要なし。手作りのおかずが届く作り置きサービス

毎日ご飯を作るのが苦痛なら、まとめて料理をして、作り置きをしようと考える人も。

しかし実際に作り置きをしてみると、予想以上に大変です。

  • 作り置きするおかずが思い浮かばない
  • 休日が全然休みじゃない
  • 日にちが経って、美味しくない

作り置きは私に合わなかった。

そんな人におすすめしたいのが手作りの惣菜が届くシェフの無添つくりおき

シェフの無添つくりおきを利用すれば、

  • 休日にまとめて調理する必要なし
  • 忙しい日は、惣菜をお皿に取り分けて出すだけ

毎日のご飯作りに疲れた人は、一度利用してみましょう。

\ 初回は33%OFF、送料無料/

目次

どうしてもご飯を作りたくない時は、休むべき理由

どうしてもご飯を作りたくない時は、休むべきです。

でも、ご飯を作らないって怠けている気がするし。
家族に申し訳ない。

ご飯作りを休むことは悪いことではありません。

毎日休まず作るなんて、無理。休むのはむしろ当然のこと。

罪悪感なんて感じる必要はありません。

疲れやストレスが限界

どうしてもご飯を作りたくないと感じるのは、疲れやストレスが限界に達しているからです。

これ以上頑張ってしまうと、メンタルを崩してうつになってしまう危険も。

仕事に比べてご飯作りなどの家事は軽視されがちです。

しかし、ご飯作りなどの家事は大きな責任と負担、ストレスがかかります。

個人的には仕事よりも毎日の料理のほうがツライ。

  • 家族の栄養や健康を考えなければいけない
  • やって当たり前。誰からも認められない
  • 年中休みなしのブラック労働

家事だからといって軽く考え、無理をするのは危険です。

あなたの心や体は疲れやストレスで限界寸前かもしれません。

メンタルや身体を壊さないためにも、どうしても作りたくないと感じたときは休みましょう。

毎日ご飯を作っていると、自分のご飯が「美味しくない」「食べたくない」と感じる人もいます。これはストレスが限界に達しているサインです。

ご飯作りは長期戦

ご飯作りはずっと続く長期戦です。

無理をして頑張っていれば、いつか息切れして限界がきます。

ご飯作りは長期戦だからこそ、疲れた時は休むことが必要です。

ご飯作りに疲れたときは休み、リフレッシュしたらまた頑張る。

●専業主婦の方へ

専業主婦の方も休みは必要です。

専業主婦は、どうしても頑張ってしまいがち。

仕事をしていないんだから、家事を頑張らないと。

しかし休みもなくずっと働き続けるなんて完全にブラック労働。

専業主婦の仕事はゴールが見えません。

だからこそ自分で休みを作り、時々は息抜きをすることも大切です。

作らなくても、ご飯は用意できる

多くの人が「家族のために何か作らなければ」とプレッシャーを感じてしまいます。

しかしご飯を作らなくても家族のご飯は用意できます。

お弁当やお惣菜を買ったり、冷凍食品やレトルトを活用したりと選択肢は豊富です。

  • お弁当、お惣菜を買う。
  • 冷凍食品、レトルト食品を利用する。
  • カップ麺を利用する。
  • 調理しなくてもよいものを食べる。
  • 外食、デリバリーを利用する。

あなたが作らなくても、ご飯は用意できます。時には気軽な気持ちでご飯作りから離れてみることも大切です。

ご飯を作らないと、旦那さんや子供が飢えるわけではない。
作らなくても、食べられるものはいっぱいある。

笑顔で食べられるご飯が大事

手作りのご飯は素晴らしいですが、何よりも大切なのは、家族みんなで笑顔で食事ができることです。

無理をして作ったご飯より、リラックスして食べる冷凍食品や総菜の方が、自分にとっても家族にとっても幸せなものとなります。

子供にとっては、料理よりも食事の雰囲気の方が大切。

時には料理を休んで、心をリフレッシュさせることも大切です。

家族みんなで笑顔で食事をするためにも、ご飯を作りたくない時は休みましょう。

【ケース別】ご飯を作りたくないときの対処法

ご飯を作りたくない時は、休むべきです。

しかし、さまざまな事情によってご飯作りを休めないと考えてしまう人も。

我が家には小さい子供もいるし。
ご飯を作らないと旦那が不機嫌になりそう。

そこで、ケース別にそれぞれの対処法をご紹介します。

お弁当や冷凍食には抵抗感がある

ご飯作りを休んでお弁当や冷凍食を家族に出すのは、どうしても抵抗感があるママもいます。

夕食に冷凍食を出すのは、少し罪悪感を感じてしまう。

そんな時は、つくりおきサービスを利用しましょう。

つくりおきサービスのシェフの無添つくりおきなら、手作りされた惣菜が冷蔵で届きます。

冷蔵された手作り惣菜のため、冷凍食のような罪悪感はなし。

取り分けて家族みんなで同じものを食べられるため、お弁当のような寂しさもなし。

食卓サポートプラン 3人前

シェフの無添つくりおきなら、

  • 冷蔵の惣菜が届き、お皿に取り分けるだけ
  • シェフの手作りで、罪悪感もなし
  • 完全無添加で、家族の健康も安心
  • 量が多いプランもあり、食べ盛りの子供も満腹になる

料理をしたくないけど冷凍食にはどうしても抵抗がある方は、ぜひシェフの無添つくりおきを利用してみましょう。

\ 初回は33%OFF、送料無料/

幼児の子供がいる

小さな子供がいる場合は、冷凍幼児食がおすすめです。

小さい子供は食べないもの、食べられないものが多く、さらに栄養バランスも心配です。

離乳食の時はベビーフードがあったけど。
離乳食を終えると簡単に食べさせられるものがない。

そんな時は冷凍幼児食がおすすめです。

冷凍幼児食は、離乳食を終えた1歳半ころから6歳ころまでの幼児が対象の冷凍食。

電子レンジでチンするだけで、出来上がります。

栄養士監修のものが多く、栄養バランスも安心だよ。

冷凍幼児食ならmogumo(モグモ)がおすすめ!

冷凍幼児食ならモグモがおすすめです。

モグモは偏食や少食の子供も食べてくれると評判で、子供が食べたくなる工夫がいっぱいです。

我が家の偏食の息子もモグモならよく食べてくれた。

モグモは電子レンジで3分温めるだけで、栄養バランスの取れたご飯ができあがり。

ご飯を作りたくない日でも、モグモがあれば「子供のご飯はどうしよう?」と悩むことがなくなります。

子供のご飯はなんとかなれば、親のご飯は何でもいい。

子供のご飯さえ用意できれば、旦那さんにお弁当を買ってきてもらうなど簡単に休むことができます。

小さな子供がいる家庭では、ご飯を作りたくないときにいつでも休めるように冷凍幼児食をストックしておきましょう。

\ 初回限定50%OFF/

1食あたり290円

食費を抑えたい

ご飯は作りたくないけど、外食やデリバリーはお金がかかる。

自炊が一番安いから、なんとか頑張らないと。

と無理をして頑張ってしまう人も多いです。

確かに自炊は一番安いですが、方法によっては自炊と大きく変わらない場合も。

例えばお米だけ炊いて、夕方のスーパーで割引の惣菜を買った場合は、自炊する場合とお金はあまり変わらないはずです。

むしろ自分で作るよりも、割引の惣菜を買うほうがお得な場合も。

少しでも節約しようと無理に頑張って自炊をした場合は、ストレスが溜まって違うところで散財してしまう場合もあります。

今日も料理を頑張ったし、ご褒美にスイーツを買おうかな。

割引になったスーパーの惣菜以外にも、ヨシケイの冷凍弁当「シンプルミール」なら1食あたり200円〜。

シンプルミールを冷凍庫にストックしておけば、ご飯を作りたくない時でも外食やデリバリーを利用することはなく、出費をかなり抑えられます。

\ 初回50%OFF、1食あたり200円から/

ヨシケイのシンプルミールは一部のエリアに限られます。

エリア外の方は、低価格で利用できるワタミの宅食ダイレクトがおすすめです。

栄養バランスが気になる

お弁当やスーパーの惣菜などは油ものが多く、どうしてもカロリーや栄養バランスが気になってしまう人も。

旦那の健康も気になる。
自分で作るのが一番健康に良さそう。

健康が気になる人は、冷凍宅配弁当のnosh(ナッシュ)がおすすめです。

ナッシュはレンジでチンするだけで出来上がるのに、健康にもしっかり配慮。

  • 栄養士監修で健康バランスに配慮
  • 全メニュー糖質30g以下、塩分2.5g以下
  • 食品添加物にも配意され、安全安心

ナッシュを利用すれば、家族の健康が気になることなく、ご飯作りを休むことができます。

\初回利用の方は、合計3,000円OFF /

ご飯を作らないと、旦那が不機嫌になる

今日は疲れたから、休みたい
ご飯を作らないと旦那が文句をいうから頑張る。

と旦那さんが理由でご飯づくりを休めない場合も。

しかしこのような状況は危険です。

旦那さんが理由でご飯を作らないといけないのは大きなストレス。

ご飯のストレスはいづれ旦那さんに対するストレスに変わり、離婚問題に発展することも。

そのため、不満やストレスは溜め込まず、正直に旦那さんに話しましょう。

ご飯の問題は、夫婦にとって大きな問題。
不満がある場合は話し合って解決しよう。

特に料理を全く作らない旦那さんは、ご飯を作ることが大きなストレスになることを気づいていない場合も多いです。

毎日料理を作ったことがないため、料理の大変さを全く理解できません。

そのため、まずは毎日ご飯を作るのが辛いことを、正直に話してみましょう。

毎日ご飯作るのってそんなに大変だったの?
ストレスに感じてるなんてぜんぜんしらなかったよ。

旦那さんに料理の大変さを理解してもらうためには、数日間実際に作ってもらうのが一番です。

どうしても作ってもらえない場合は、料理にかかる工程をすべて見える化して旦那さんに教えてあげましょう。

旦那さんと話してもどうしても解決しない場合は、ミールキットを利用してみるのもおすすめです。

ミールキットなら献立を考える必要もなく、下ごしらえがされた食材が届くため、負担は軽減。

しかし、しっかり自分で調理するため旦那さんも文句は言えないはずです。

ミールキットなら送料もかからず、手頃な価格なヨシケイがおすすめ。

ヨシケイのミールキットなら20分で主菜と副菜の2品が簡単にできあがります。

1食300円でお試しできる /

ご飯を作りたくないと感じるのはなぜ?理由を解説

ご飯を作りたくないと感じるなんて。
私は病気なのかな?

そんなことない。
ご飯を作るのってメチャクチャ大変。
作りたくないと感じるのは当たり前。

毎日ご飯を作ることは本当に大変です。

と言っている私も30代になるまで、料理は妻に任せきり。ほとんど作ったことはありませんでした。

しかし私はテレワークになったことをきっかけに、毎日のご飯を担当することに。

そのため、日々ご飯作りの大変さを実感しています。

主婦の方はご飯を作ることが当たり前になり、自分がしていることの大変さを理解していない人も多いです。

そのため、新米主夫の私がご飯作りの大変さやつらさをあえて紹介します。

毎日作るのは本当に大変。
だから、ご飯を作りたくないと感じてしまうのも当然。

作ることが義務になっている

ご飯作りが苦痛なのは、それが義務となってしまうからです。

一人暮らしの時は、疲れているときは作らなくても誰も困りませんでした。

しかし、家族ができると、毎日のご飯作りが当然の義務となり、多くの方がプレッシャーを感じ始めます。

料理の好き嫌いや得意不得意にかかわらず、毎日の料理が強制されるような感覚に、ストレスを感じてしまうのは当然です。

もともと料理が好きだった人でも、嫌いになってしまう人は多い。

さらに体調が悪い日や気分が乗らない日でも、「どうしてもご飯を作らなければ」と自分を追い込むことで、その苦痛は増す一方です。

作ることが義務になることで、ご飯を作りたくないと感じてしまいます。

●料理が嫌いな人へ

料理が嫌いな場合は、無理に料理を好きになる必要はありません。無理に頑張らず、料理と適度な距離を保つことが大切です。

●妊娠中や出産直後の方へ

妊娠中や出産後でも、ご飯を作ろうと頑張ってしまう人は多いです。しかし、体調が悪い時にご飯を作る必要はありません、自分の体やお腹の子供が最優先です。

時間がない

共働きや子育てで忙しい主婦にとって、ご飯作りは時間的な負担が大きいです。

仕事や家事の合間を縫って料理をするなど、とにかく時間に追われる毎日。

忙しい中でご飯を作るのは大変。
子供はぐずるし、時間はない。

ご飯づくりは予想以上に時間がかかります。ご飯を作るためには調理だけでなく、献立を考えるところから片付けまで必要。

実際に私も片付けまで含めると、2時間以上かかってしまうことが多いです。

  • 献立を考える 10分
  • 買い物に行く 40分
  • 調理する   50分
  • 片付け    30分

特に子供が小さい家庭や共働きの家庭では、限られた時間の中での食事の準備が大きな負担となってしまいます。

毎日時間に追われ、疲弊した日々を送っているため、作りたくないと感じるのは当たり前です。

●共働きで頑張っている方へ

共働きで働きながら、毎日ご飯を作るのは大変です。きつい時も頑張って手作りする必要なんてありません。

惣菜やミールキットなど便利なサービスを利用して、できるだけ負担を減らしましょう。

誰も認めてくれない

毎日のご飯作りは、誰からも感謝されず、認められません。

疲れた体を奮い立たせて作った料理ですが、家族からの「美味しい」という言葉はおろか、残されることも。

ほめられることを目的にしているわけではないけれど、たまには感謝されたいし、自分の頑張りを認めてもらいたい。

仕事は頑張りが評価されるけど、ご飯づくりは誰も評価してくれない。

ご飯づくりは、孤独です。毎日ご飯を作っていると、「ツライ」「作りたくない」と思うのは当然であり、無理に頑張る必要はありません。

誰も認めてくれないなら自分の頑張りは自分で認めてあげて、疲れているときは休みましょう。

●ご飯を残されて悩んでいる人へ

旦那さんがせっかく作ったご飯を食べなかったり、残したりする場合は、一度話し合ってみましょう。あなたのツラさや苦労が伝わっていない可能性が高いです。

どうしてもご飯を作りたくない時は休もう

どうしてもご飯を作りたくないと感じる時は、作る必要はありません。

夕食のことなんて気にせず、一度ゆっくり休みましょう。

ご飯作りは、毎日のこと。自分が思っている以上にストレスや疲れが溜まっています。

長年、自分の気持を無視して頑張り続けた結果、身体やメンタルを壊してしまう主夫もいます。

ご飯を作らなくても罪悪感を感じる必要はありません。

疲れた時は、一度休んで頑張ればいいんです。

シェフの無添つくりおきを利用すれば、手作りのおかずが届くため、何も心配せずに休むことができます。

シェフの無添つくりおきなら

  • 冷蔵の惣菜が届き、お皿に取り分けるだけ
  • シェフの手作りで、罪悪感もなし
  • 完全無添加で、家族の健康も安心
  • 量が多いプランもあり、食べ盛りの子供も満足

初回は33%OFF、送料無料。2回目以降はいつでも解約可能です。

ぜひ気になる方は利用してみましょう。

\ 初回は33%OFF、送料無料/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ブログランキング

人気ブログランキングでフォロー

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次